三井住友銀行のカードローンを利用。

仕事上どうしても着物が必要で、でも自分の貯金を一気に使うことはしたくありませんでした。

でも、私はクレジットカードとか持っていません。

着物を買うにはどうしてもキャッシングする必要がありました。

どのカード会社が得なのかとか一切調べず、とにかく自宅近くにある無人契約機を見つけ、契約申請をしました。

三井住友銀行のカードローンです。

無人契約機の前に立った時、まるで自分が悪いことをしているかのような気分になりました。

そして、周囲に誰もいないことを確認して勇気を出して入りました。

丸い椅子と、契約機のみの無機質な感じの空間が何とも言えませんでしたが、音声というか、担当スタッフの方の言われる通り記入したりして、無事にカードを発行することができました。

所在確認も私が自宅に帰ったタイミングにかけてもらえたので、親に不審がられることなく審査は終了です。

借りられる金額の上限は30万円でしたが、着物を購入するには十分でした。

「ローンは返済するときに利息が付いて、利息分余計に払うことになるから使ってはいけない」
と両親から教えられていましたが、自分の貯金を一気に崩してしまうことで、何かあった時に対処できなければ意味がありません。

借りたお金はお給料に余裕があるときにまとめて返していったので、予定より早く返済することができました。

無事に着物が買えたのはキャッシングのおかげです。

カードの即日発効というのは本当にありがたかったです。

千円単位でお金を借りることができるところもありましたね。

今は私の重品入れの中にカードは保管されています。

また何か緊急事態が発生したときには使わせてもらいます。

本人が絶対に借りたお金を返済していけるかどうかに注目して審査を行っています。

完済まで遅れずに返済することが間違いないという結果が出た時のみ対象として、キャッシング会社は融資してくれるのです。

提出したキャッシングカードの申込書や他の書類に、記入漏れとか記入誤りなどがあると、たいていは再提出か、そうでなくても訂正印が必要となるため、一旦返却されて遅れることになるのです。本人の自署の書類の部分は、特に気を付けるべきだと思います。

あまり知られていませんがキャッシング会社が一緒でも、ネット経由でキャッシングしたときに限って、無利息でOKのキャッシングにすることができる場合も少なくないので、いろいろ検討する際には、特典が適用される申込のことも合わせてしっかりとした確認しておかなければならないのです。

皆さんの興味が高い即日キャッシングがどんなものかについては、知っているという人は多いのです。

しかし利用申し込みするときの必要書類や手順など、いかにしてキャッシング可能になるのか、具体的なものを分かっている人は、数少ないのではと思います。

イメージしにくいのですがお金が足りなくなるのは、どうも女性のほうが大勢いるようです。

将来的に今よりもより使いやすくなった女性だけが利用することができる、うれしい即日キャッシングサービスが徐々に増えてくるとすごく助かりますよね。

ずっと昔は、新たにキャッシング申し込みをしたときの事前審査が、現在とは比べ物にならないくらい生易しかった時代が存在していたのは確かですが、近頃はどのキャッシング会社でも当時の基準よりもずっと高度になって、申込に伴う審査の際には、会社ごとに定められた信用調査が確実に実施されているのです。

ネットで話題になっているカードローンの利点が何かというと、利用者の都合のいいときに、返済することができる点ではないでしょうか。あちこちのコンビニの店内に置かれているATMを利用していだたくことでお出かけ中でも返済できます。またインターネットを使って返済していただくこともできるのです。

今では違った定義があったはずのキャッシングとローンという単語が持っている意味というか定義が、ごちゃ混ぜになっていて、どちらにしてもどちらも同じ定義であるとして、使用されていることが多くなりましたね。

突然の大きな出費を考えて持っておくべきどこでも使えるキャッシングカード。もししばらくの間資金を貸してもらう場合、利息が安いカードよりも、30日間無利息を選択する方が絶対にいいですよね。

原則として、貸してくれたら何に使うかが問われず、貸し付けの担保やなんらかの事故の時のための保証人のことを考える必要がない条件によっての現金での融資ということは、キャッシングと呼ばれていてもローンでも、ほぼ同じものであると思ってOKです。

キャッシングを取り扱っている業者の融資にあたっての審査項目は、キャッシング会社のやり方によって違ってくるものです。

母体が銀行系だとパスさせてもらいにくく、信販会社が母体のもの、流通系がきて、最後に消費者金融(いわゆる街金)系の順序で審査基準が緩やかになるのです。

見回してみると、利息がいらない無利息期間を設けてのキャッシングサービスによる特典があるのは、いわゆる消費者金融が取り扱っているキャッシングで融資を受けたときだけとなっているようです。そうはいっても、とてもありがたい無利息でのキャッシングをすることができる日数の上限は30日とされています。

その日中に振り込み可能な即日キャッシングによるキャッシングができるキャッシング会社って、実は意外と多いのでその中から選ぶことが可能です。どの業者さんも、即日キャッシングによる対応が可能な期限内に、必要な契約にかかる申し込みなどが完結していることが、肝心です。

数年前くらいから頼もしい即日融資で対応可能な、ありがたいキャッシング会社がいくつもできてきています。融資が早いと新しいカードがあなたのところに届く前に、あなたの指定口座へ希望通りに入るのです。手続はお店に出向かずとも、インターネット経由で出来ますので時間も場所も選びません。

今回の目的に無駄のないカードローンは一体どれなのか、また失敗しない返済金額は、何円までとするべきなのか、についてちゃんと考えがまとまってから、あわてず計算してカードローンを賢く活用するのがベストです。

金融緩和とは

金融緩和とは、日本銀行が現金を発行し、世の中のお金を増やすことを言います。なぜそんなことをするのか。。。

世の中のお金を増やすと、その結果みんなのお給料が増えるとお金を使う人も増えますよね。そうやってお金を使って物を買ったり出かけたりする人が増えれば景気が良くなるんです。そしてみんなが物を購入したり出かけたりすると企業もたくさん商品を販売しようとする。たくさん作ればたくさん売れるということで儲かるということ。企業でも焦点でも従業員を雇おうとして人を採用します。すると失業しているひとが減り、就職している人が増える。失業している人が就職をして給料を貰えるようになると、もらった給料を使って何か買おうと思ったりします。すると更に商品やサービスが売れてもっと景気がよくなっていきますね。
経済とは連鎖反応なんです。

では、日本銀行が現金を発行するっていうことはお札を沢山刷っているのか??答えはお札は刷っているわけではなくて今は電子的に数字が増える状態となっています。

つまり、現代のお金の多くはコンピューター上にあるのです。ちなみに、自分の預金通帳を見てみてください。預金額が書いてあるけれど、あの数字と同じ額のお札が銀行に保管されているかというとそうではありません。
現代のお金はお札ではないのです。コンピューター上の数字です。なので、輪転機を回さなくても日本銀行が現金を発行する場合は一瞬で10兆円とかのお金ができてしまうんです。

日本銀行が発行したお金をどうやって社会に流していっているのか。。まず日本銀行が発行したお金を民間銀行に渡します。そして、日本銀行から受け取ったお金を今度は民間銀行が企業や個人に貸し付けます。すると、お金が誰かのところにいくというわけなのです。

日本にお金がなくなればお金を作って増やせばいいのにと誰しもが思うかもしれませんがそんな簡単なことではないみたいですね。

私の会社は不景気真っ只中で全く売り上げがあがる気がしない。。給料もカットなるしボーナスは微々たるものだし。。あるだけマシなのかもしれないけれど、何の為に働いているのかよく分からなくなりますね。

先日なんて、急に車が故障して修理代が10万!!新しく買い換えることも考えましたが、ローンを組んで5年とか返済していくことを考えると生活的に今は苦しいと思ったので、10万円をローンで支払いましたよ・・・

現金が手元から減るのが不安だからってクレジットカードばかりで買い物をしたりしていて、クレジットカードが払えない状況になることも。。。そのときもお金を借りてなんとか支払いをしました。

こういったところで⇒こちら

 

水商売について

水商売とは、特に夜に働くことを言います。クラブやキャバクラ、スナックなどを最近では水商売と呼ぶことが多いですね。
そういったところで働いている女性のことをお水と言ったり・・・

昔は少し水商売の意味も違ったようなのですが、今では夜の店で働く人っていうので定着してしまっていますよね。

水商売など、夜の仕事は一般的に高給ですよね。女であることを武器に仕事は特に売り手市場の時にドンドンと値が上がっていきますね。逆に言えば暴落する危険性も高いですし、長く稼げる保証も安定もありません。

風俗やモデルやコンパニオンなども水商売と言われています。女を武器にしている商売はある程度の容姿が備わっていてコツさえつかむことができれば、沢山の給料を貰うことができます。

しかし、どんなにテクニックが磨いていて稼ぐことができたとしても短命であることは覚えておかないといけません。若さを失ってしまえば技を使っても稼げなくなってしまいます。輝ける期間が短いから値打ちが上がるという感じですね。

女性の水商売は男性がお客になりますね。大抵の男性は多かれ少なかれ下心があり、近づいてくるので、女性は値踏みされる立場なんです。この娘と仲良くなりたいとか親しくなりたいとかっていう気持ちのある男性はあらゆる手段で誘いをかけてきます。
頻繁に顔を出したり、沢山お酒を注文したり、プレゼントを渡したり、ストレートにデートに誘う人もいますね。

仕事中、または仕事の延長の場で誘いを受ける女性は場慣れとともに、上手くあしらう7テクニックを自然とつけていくものです。

男性の下心を刺激しつつ、でも深い関係は持たず、求める誘いをはぐらかしながら相手を怒らせない、自分ももちろん傷つかない方法を知っているのです。

高給を貰うことによって金銭感覚が狂ってしまうことも多々あるので気を付けてくださいね。

お金を使いすぎて家賃が払えないからキャッシングを利用しているとかっていう話もよく聞きますからね。

水商売でも収入があるわけなのでキャッシングを利用することはできるみたいですね。⇒キャッシング水商売

普通昼間の仕事をしている人たちなんかは女はお金になるなんて意識していないものです。
水商売をすることで女を武器にできるということを知ります。

 

ブラックリストって何?

ブラックリストとは、いろいろなところで使われますが、今回は金融関係のブラックリストを紹介します。

ブラックリストとは、金融会社間で使用されている情報網のことで、お金を借りてから返済が不能となり、債務整理を行った経験のある方のことを言います。実際にリストがあるわけではなく、あくまで俗称なのです。

では、ブラックリストとは何か・・・

借金ができるかできないかというの信用問題が一番大事になってきます。しかし、一見では分からないですよね?しかし、そこが分からなければ貸す側も貸すに貸せれません。約束を守れない人には誰も何も貸したくないですからね。

その「この人は貸してもいい人なのか」っていうところを客観的に判断する材料の一つが個人信用情報というもの。

例えば、お金を借りる⇒記録に残る⇒返済記録も残る。履歴も一定期間は残ります。

その過程で「信用」に傷がつく(返済遅延・滞納など)ことがあればそれも記録をされるため、そのことを「ブラックリストに載っている」というのです。事故情報として載せられている状態ですね。
ブラックリストは金融業者の間のみに流れる情報ですので、それ以外の場所で知られることはないそうです。なので経歴に傷ついて仕事に支障がでたり、家族に何か影響がでるということもありません。単に、新たに借金ができにくくなったり、できる場所が限定されてしまったりするということです。

だからといってブラックリストに載っても大丈夫というわけではないですよ。

金融業は信頼が一番大事なので、貸したお金が返ってこないとなると次からそう簡単にはお金を貸してもらえないのは分かりますよね。

サイトに1カ月程度の延滞であればブラックリストに載らない、3か月延滞、滞納をしていると確実にブラックリスト入りをしてしまうと書いてあるのを見たことがあるのですが、そのことが100%あっているというわけでもないので注意してください。

なので、基本ブラックリストに載ってしまうと一定期間はお金を貸してもらえるところがないと思っていたほうがいいと思います。

返済を延滞中であったり滞納をしていたりした場合でもお金を貸してほしいと思う方はこういったサイトを参考にどうぞ。

↓ ↓ ↓

延滞中でも借りれる

基本はブラックリストに載らないようにきちんと返済をしていくことが大切です。借りる前に返済シミュレーションのできるサイトも沢山ありますから調べてみるといいと思います。

 

 

初めての事務職

いまはもうメジャーになったコールセンター。

そこで初めて事務職を経験した。それまでは引越屋でアルバイトをしていて、事務職に憧れていたというのもある。パソコンは全然できなかったけど、テンキーだけ操作できれば大丈夫と求人誌に載っていたので応募してみた。

立上げのコールセンターで何百人という規模の採用だったのですんなり採用。
いざ仕事を始めてみると、パソコン操作ができなくてまず躓いた。

電源の入れ方さえ知らなかったのた。これは大失敗。
隣の人に聞いて、あとは見よう見まねで仕事を覚えていった。

とにかく事務職は初めてなので、全く勝手がわからず電話対応も初めて。
言葉づかいは研修で一通りやったが、実践ともなるとなかなかうまく話せない。

コールセンターってすぐ辞めちゃう人が多いと聞いていたが(実際多かった)、自分はなんかうまくハマったのだろう。今でもコールセンター関連の仕事に就いている。もう10年以上か。

当時はまだ若かったこともあり、パソコンはみるみるうちに上達し、半年もあればブラインドタッチができるようになり、簡単なエクセルやビジネスメールも送るようになった。

働きながらマナーが身についたのは、後々非常に役に立った。給料もまずまずで引越屋とほぼ同額もらえたので、不満はなかった。
体力勝負の仕事から転職したことで、体は楽になった。

でもその代わり、クレームのときは精神的にイヤになるからどっちもどっちだったけど。

どんな仕事にも、良い面・悪い面はあるだろうから、自分の中でどう消化していくかが、その仕事を続けていく上で重要なポイントだろう。

コールセンターであれば同世代の人もいるし、頑張ればアルバイトからだって出世できるし(自分はその後正社員登用してもらえた)、

何事も3年くらいはやってみないと、その先は見えてこないのではないだろうか。