金融緩和とは

金融緩和とは、日本銀行が現金を発行し、世の中のお金を増やすことを言います。なぜそんなことをするのか。。。

世の中のお金を増やすと、その結果みんなのお給料が増えるとお金を使う人も増えますよね。そうやってお金を使って物を買ったり出かけたりする人が増えれば景気が良くなるんです。そしてみんなが物を購入したり出かけたりすると企業もたくさん商品を販売しようとする。たくさん作ればたくさん売れるということで儲かるということ。企業でも焦点でも従業員を雇おうとして人を採用します。すると失業しているひとが減り、就職している人が増える。失業している人が就職をして給料を貰えるようになると、もらった給料を使って何か買おうと思ったりします。すると更に商品やサービスが売れてもっと景気がよくなっていきますね。
経済とは連鎖反応なんです。

では、日本銀行が現金を発行するっていうことはお札を沢山刷っているのか??答えはお札は刷っているわけではなくて今は電子的に数字が増える状態となっています。

つまり、現代のお金の多くはコンピューター上にあるのです。ちなみに、自分の預金通帳を見てみてください。預金額が書いてあるけれど、あの数字と同じ額のお札が銀行に保管されているかというとそうではありません。
現代のお金はお札ではないのです。コンピューター上の数字です。なので、輪転機を回さなくても日本銀行が現金を発行する場合は一瞬で10兆円とかのお金ができてしまうんです。

日本銀行が発行したお金をどうやって社会に流していっているのか。。まず日本銀行が発行したお金を民間銀行に渡します。そして、日本銀行から受け取ったお金を今度は民間銀行が企業や個人に貸し付けます。すると、お金が誰かのところにいくというわけなのです。

日本にお金がなくなればお金を作って増やせばいいのにと誰しもが思うかもしれませんがそんな簡単なことではないみたいですね。

私の会社は不景気真っ只中で全く売り上げがあがる気がしない。。給料もカットなるしボーナスは微々たるものだし。。あるだけマシなのかもしれないけれど、何の為に働いているのかよく分からなくなりますね。

先日なんて、急に車が故障して修理代が10万!!新しく買い換えることも考えましたが、ローンを組んで5年とか返済していくことを考えると生活的に今は苦しいと思ったので、10万円をローンで支払いましたよ・・・

現金が手元から減るのが不安だからってクレジットカードばかりで買い物をしたりしていて、クレジットカードが払えない状況になることも。。。そのときもお金を借りてなんとか支払いをしました。

こういったところで⇒こちら

 

水商売について

水商売とは、特に夜に働くことを言います。クラブやキャバクラ、スナックなどを最近では水商売と呼ぶことが多いですね。
そういったところで働いている女性のことをお水と言ったり・・・

昔は少し水商売の意味も違ったようなのですが、今では夜の店で働く人っていうので定着してしまっていますよね。

水商売など、夜の仕事は一般的に高給ですよね。女であることを武器に仕事は特に売り手市場の時にドンドンと値が上がっていきますね。逆に言えば暴落する危険性も高いですし、長く稼げる保証も安定もありません。

風俗やモデルやコンパニオンなども水商売と言われています。女を武器にしている商売はある程度の容姿が備わっていてコツさえつかむことができれば、沢山の給料を貰うことができます。

しかし、どんなにテクニックが磨いていて稼ぐことができたとしても短命であることは覚えておかないといけません。若さを失ってしまえば技を使っても稼げなくなってしまいます。輝ける期間が短いから値打ちが上がるという感じですね。

女性の水商売は男性がお客になりますね。大抵の男性は多かれ少なかれ下心があり、近づいてくるので、女性は値踏みされる立場なんです。この娘と仲良くなりたいとか親しくなりたいとかっていう気持ちのある男性はあらゆる手段で誘いをかけてきます。
頻繁に顔を出したり、沢山お酒を注文したり、プレゼントを渡したり、ストレートにデートに誘う人もいますね。

仕事中、または仕事の延長の場で誘いを受ける女性は場慣れとともに、上手くあしらう7テクニックを自然とつけていくものです。

男性の下心を刺激しつつ、でも深い関係は持たず、求める誘いをはぐらかしながら相手を怒らせない、自分ももちろん傷つかない方法を知っているのです。

高給を貰うことによって金銭感覚が狂ってしまうことも多々あるので気を付けてくださいね。

お金を使いすぎて家賃が払えないからキャッシングを利用しているとかっていう話もよく聞きますからね。

水商売でも収入があるわけなのでキャッシングを利用することはできるみたいですね。⇒キャッシング水商売

普通昼間の仕事をしている人たちなんかは女はお金になるなんて意識していないものです。
水商売をすることで女を武器にできるということを知ります。

 

ブラックリストって何?

ブラックリストとは、いろいろなところで使われますが、今回は金融関係のブラックリストを紹介します。

ブラックリストとは、金融会社間で使用されている情報網のことで、お金を借りてから返済が不能となり、債務整理を行った経験のある方のことを言います。実際にリストがあるわけではなく、あくまで俗称なのです。

では、ブラックリストとは何か・・・

借金ができるかできないかというの信用問題が一番大事になってきます。しかし、一見では分からないですよね?しかし、そこが分からなければ貸す側も貸すに貸せれません。約束を守れない人には誰も何も貸したくないですからね。

その「この人は貸してもいい人なのか」っていうところを客観的に判断する材料の一つが個人信用情報というもの。

例えば、お金を借りる⇒記録に残る⇒返済記録も残る。履歴も一定期間は残ります。

その過程で「信用」に傷がつく(返済遅延・滞納など)ことがあればそれも記録をされるため、そのことを「ブラックリストに載っている」というのです。事故情報として載せられている状態ですね。
ブラックリストは金融業者の間のみに流れる情報ですので、それ以外の場所で知られることはないそうです。なので経歴に傷ついて仕事に支障がでたり、家族に何か影響がでるということもありません。単に、新たに借金ができにくくなったり、できる場所が限定されてしまったりするということです。

だからといってブラックリストに載っても大丈夫というわけではないですよ。

金融業は信頼が一番大事なので、貸したお金が返ってこないとなると次からそう簡単にはお金を貸してもらえないのは分かりますよね。

サイトに1カ月程度の延滞であればブラックリストに載らない、3か月延滞、滞納をしていると確実にブラックリスト入りをしてしまうと書いてあるのを見たことがあるのですが、そのことが100%あっているというわけでもないので注意してください。

なので、基本ブラックリストに載ってしまうと一定期間はお金を貸してもらえるところがないと思っていたほうがいいと思います。

返済を延滞中であったり滞納をしていたりした場合でもお金を貸してほしいと思う方はこういったサイトを参考にどうぞ。

↓ ↓ ↓

延滞中でも借りれる

基本はブラックリストに載らないようにきちんと返済をしていくことが大切です。借りる前に返済シミュレーションのできるサイトも沢山ありますから調べてみるといいと思います。