ブラックリストって何?

ブラックリストとは、いろいろなところで使われますが、今回は金融関係のブラックリストを紹介します。

ブラックリストとは、金融会社間で使用されている情報網のことで、お金を借りてから返済が不能となり、債務整理を行った経験のある方のことを言います。実際にリストがあるわけではなく、あくまで俗称なのです。

では、ブラックリストとは何か・・・

借金ができるかできないかというの信用問題が一番大事になってきます。しかし、一見では分からないですよね?しかし、そこが分からなければ貸す側も貸すに貸せれません。約束を守れない人には誰も何も貸したくないですからね。

その「この人は貸してもいい人なのか」っていうところを客観的に判断する材料の一つが個人信用情報というもの。

例えば、お金を借りる⇒記録に残る⇒返済記録も残る。履歴も一定期間は残ります。

その過程で「信用」に傷がつく(返済遅延・滞納など)ことがあればそれも記録をされるため、そのことを「ブラックリストに載っている」というのです。事故情報として載せられている状態ですね。
ブラックリストは金融業者の間のみに流れる情報ですので、それ以外の場所で知られることはないそうです。なので経歴に傷ついて仕事に支障がでたり、家族に何か影響がでるということもありません。単に、新たに借金ができにくくなったり、できる場所が限定されてしまったりするということです。

だからといってブラックリストに載っても大丈夫というわけではないですよ。

金融業は信頼が一番大事なので、貸したお金が返ってこないとなると次からそう簡単にはお金を貸してもらえないのは分かりますよね。

サイトに1カ月程度の延滞であればブラックリストに載らない、3か月延滞、滞納をしていると確実にブラックリスト入りをしてしまうと書いてあるのを見たことがあるのですが、そのことが100%あっているというわけでもないので注意してください。

なので、基本ブラックリストに載ってしまうと一定期間はお金を貸してもらえるところがないと思っていたほうがいいと思います。

返済を延滞中であったり滞納をしていたりした場合でもお金を貸してほしいと思う方はこういったサイトを参考にどうぞ。

↓ ↓ ↓

延滞中でも借りれる

基本はブラックリストに載らないようにきちんと返済をしていくことが大切です。借りる前に返済シミュレーションのできるサイトも沢山ありますから調べてみるといいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です